本文へジャンプ

会社案内

環境保全活動

環境保全活動方針

1.光洋電機株式会社 環境保全活動の理念

  • 弊社の企業及び個人の全ての活動が、環境に影響を与えている事を常に理解し、環境保全に継続的に取り組む事を約束します。
  • 社員一人一人が環境方針を理解し、全社員一丸となって環境保全に努めます。
  • 電気商品を取り扱う企業として、省エネ型商品を正しく理解し、顧客・消費者に対し推進する事に努めます。
  • チャレンジ25(チームマイナス6%)のメンバーとして趣旨賛同し、我々のステークホルダー(利害関係者)と共に4R活動を主に環境に配慮した行動を目指します。
  • 社会にいかされている一員として、地球温暖化の低減になるように常に心掛け、地球にやさしい企業で在り続けます。

2.4Rの取り組み

  • 環境保全活動理念に基づき、環境への負荷を低減するため、全てにおいて3R+1Rを考えます。
1.Reduce(リデュース:廃棄物発生の抑制)
  • 省資源化や長寿命化といった取組みを通じて製品の製造、流通、使用などに係る資源利用効率を高め、廃棄物とならざるを得ない形での資源の利用を極力少なくする。
  • 業務に於いて
    • 顧客・消費者へ、環境に配慮した長寿命商品を推進し、また長期間使用する為の情報を提供する。
    • ペーパーレスを心掛け、メールでの受発注やデータによる管理を行う。
    • 商品の梱包は緩衝材など過剰包装にならなうよう工夫をし、ゴミの削減に努める。
    社内に於いて
    • コピー用紙に関わらず、可能な紙はゴミではなく古紙にする。
    • 弁当や飲み物を自宅より持参し、空き箱やペットボトルを減らす。
    生活に於いて
    • 買い物の際のレジ袋の持参、簡易包装の選択など、ゴミの発生を抑制する。
    • 使い捨ての物を減らす。
2.Reuce(リユース:再使用)
  • 一旦使用された製品を回収し、必要に応じて適切な処置を施しつつ製品として再使用を図る。
  • または、再使用可能な部品の利用を図る。
業務に於いて
  • 商品発送の際、資源を有効に使うため梱包資材の再利用を積極的に行う。
  • また、納品時に不要な梱包資材を回収し再利用する。
社内に於いて
  • 消費する用紙を減らし、裏紙を最大限に利用する。
生活に於いて
  • 詰め替えや繰り返し使えるものを利用する。
  • ものを捨てる前にもう1度再利用を試みる。(タオルの雑巾としての使用など。)
3.Recycle(リサイクル:再資源化)
  • 一旦使用された製品や製品の製造に伴い発生した副産物を回収し、原材料としての利用
  • マテリアルリサイクル) または焼却熱のエネルギーとしての利用(サーマルリサイクル)を図る。
業務に於いて
  • 家電製品等の廃棄物について、家電リサイクル法を遵守し適正な処理を行い、省資源・省エネの推進に寄与する。
    (家電リサイクル法:エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の廃棄に際し、有用な資源の再利用を促進し、廃棄物を減らすために施行。) 
    http://www.meti.go.jp/policy/kaden_recycle/case1/case1.html
  • 顧客・消費者へリサイクルの情報提供し、廃ランプや充電池、インクカートリッジのリサイクルを促進回収する。
  • カタログ配布の際は旧カタログを回収し、古紙リサイクル出来るようにする。
  • 回収した使用済み品や工事の廃材を正確に分別し、リサイクル資源として取り扱う。
社内に於いて
 
  • 古紙回収でリサイクルを促進し資源を大切にする。
生活に於いて
  • 食品の容器や古新聞をリサイクル回収に出す。
4.Rethink(リシンク:考える)

未来の世代へ地球を守り渡すため、4つめのR(Re Think)である「何をするか、何をしないか」について常に考え、 環境に優しい行動を実行する。

 
業務に於いて
 
  • エコドライブ10(環境に配慮した自動車の使用)に努め、無駄のない走行ルートも考える。
    (エコドライブ10:関係省庁により設置された「エコドライブ普及連絡会」により普及推進。)http://www.ecodrive.jp/eco_10.html
    1. ふんわりアクセル『eスタート』
    2. 加減速の少ない運転
    3. 早めのアクセルオフ
    4. エアコンの使用を控えめに
    5. アイドリングストップ
    6. 暖機運転は適切に
    7. 道路交通情報の活用
    8. タイヤの空気圧をこまめにチェック
    9. 不要な荷物は積まずに走行
    10. 駐車場所に注意
  •   
  • 環境保全について、広く顧客・消費者と共に考えていけるよう、環境に配慮した製品を取り扱い、その効果についての提示をする。
  •   
  • 一括購入などの”まとめ買い”を推奨し、発送回数を減らすことにより排気ガスの減少を目指す。
社内に於いて
  • 電気使用量の削減のため、不要な照明の消灯、パソコンやOA機器の省エネ利用、空調の適温での使用など、細心の注意を払う。
  • 社内消耗品もエコ商品を積極的に使用する。
  • 何事にも「もったいない」と思い、省資源、省エネルギーに努めた行動をする。
  • 「クールビス」「ウォームビス」を取り入れ、来客への啓発など活動の広がりを目指す。
    (チャレンジ25(チームマイナス6%)の提案する冷暖房の温度調整による活動。)http://www.challenge25.go.jp/practice/index.html
生活に於いて
  • 電気、ガス、水道の使用のについてあらゆる面で削減する。
  • 家庭で出来る省エネ実践項目を話し合い、実践する。
  • 友人と省エネ方法の情報交換をし、実践項目を増やす。
  • チャレンジ25(チームマイナス6%)が提案する6つのアクションを理解し継続実施する。

ページトップへ